お知らせ

第6回 岩手の野生動物を考える集い

日時
平成23年3月26日(土)13:30〜16:00
場所
ネイチャーセンター(岩手県滝沢村)
主催
いわて野生動物保護ネット(IWC-net)
共催
一般社団法人 岩手県獣医師会   岩手県環境生活部自然保護課
プログラム
  • 第1部 いわて野生動物保護ネット事業について
    13:30〜14:00
    • いわて野生動物保護ネットの1年間の活動報告  
      辻本恒徳(盛岡市動物公園)
    • いわて野生動物保護ネット今後の活動計画
      井上祐治(早池峰クマタカ研究会)
  • 第2部 テーマ「野鳥における高病原性鳥インフルエンザ」
    14:00〜15:30
    今冬,全国各地で複数の野鳥の発生事例もあったことから傷病鳥救護に関わる者としても大変関心の高いものであり,今後も十分に留意すべき感染症となっています。 最前線でご活躍のお二人から話題提供をいただき,情報交換します。
    • 話題1 「全国各地での野鳥における発生の実際」
      講師 堀切 竜也 氏
      (財)自然環境研究センター研究員、獣医師(岩手大学卒業)

      昨年開催の生物多様性条約第10回締約国会合(CBD-COP10)に日本政府代表団の一員として参加するなど主に生物多様性に関連する業務に従事。 最近は高病原性鳥インフルエンザの環境省の野鳥感染状況調査に参加。

      全国各地の発生状況や実際の現場での雰囲気などをお聞きします。
    • 話題2 「県内における野鳥への対策と対応」
      金子 和華子 氏(県自然保護課 野生生物担当)
      県内における行政としての対応や体制について,また実際に疑わしい個体の発見や救護受け入れなどの場合「どうすればよいのか?どうなるのか?」お聞ききします。
  • 第3部 今後の活動など
    15:30〜16:00
    参加者の方々とともに意見交換します。

このページの先頭へ