よくある質問

よくある質問の目次へ

獣医師の仕事

獣医さんになるにはどうしたらいいのですか?
獣医師になるためには、まず、獣医学科のある大学に入学し、6年間の獣医学教育を学んだのち、獣医師国家試験に合格しなければなりません。現在、獣医学科のある大学は、国立大学10校(北海道大学、帯広畜産大学、岩手大学、東京大学、東京農工大学、岐阜大学、鳥取大学、山口大学、宮崎大学、鹿児島大学)、公立大学1校(大阪府立大学)、私立大学5校(酪農学園大学、北里大学、日本獣医生命科学大学、日本大学、麻布大学)です。
獣医大学を卒業すると、どのような仕事をすることができるのですか?
獣医師の職域は広く、よく知られているペットのお医者さんから、産業動物といわれる牛、豚、鶏などの先生、私たちが食べているお肉や牛乳などの検査をする先生、公衆浴場やレストランなどの衛生管理を担う公衆衛生分野などたくさんありますが、そのもとの獣医師の資格はみんな一緒です。大学の獣医学科を卒業し、国家試験に合格すると、それぞれ好きな分野の仕事ができます。がんばって勉強してください。