動物の愛護と福祉

動物の飼い方としつけの基本

○ 守って欲しい5か条
「動物を飼う」とは、動物の命を預かることです。環境省では、人と動物がともに楽しく暮らす社会を作るために、飼い主に以下の「守って欲しい5か条」を呼びかけています。
  1. 最後まで責任をもって飼いましょう。
    動物を飼い始めたら適切な飼い方をして、最後まで飼い続ける。
  2. 人や近隣に迷惑をかけないようにしましょう。
    しつけや訓練を適切に行い、人に危害を加えたり、糞尿や鳴き声などで近隣に迷惑をかけない。
  3. 繁殖を適切に管理しましょう。
    管理できる動物の数には限りがあります。新たに生まれる命に責任が持てない場合は、不妊去勢手術などの措置を施す。
  4. 動物から人への病気の感染を防ぎましょう。
    動物と人の両者に感染する病気に関する知識を持ち、飼い主や他の人への感染を防ぐ。
  5. 動物の盗難や迷子を防ぐため、標識をつけましょう。
    動物の所有者を明らかにするマイクロチップ、名札、脚環などの標識をつける。
○ 岩手県獣医師会の支援事業
本会では、上記5か条を守ってもらうために、各地域で行う動物愛護週間中の行事のほ か、次の支援事業を行っています。
  • 「犬及びねこの不妊手術助成事業」
    岩手県内で飼育(管理)されている雌の犬・ねこの飼い主(管理者)に対し、不妊手 術を行った場合に手術費の一定額を助成し、捨て犬・捨てねこ防止対策を進めています。  
    詳しい内容は、本会ホームページのトップページ「更新情報一覧」または「お知らせ」 欄をご覧下さい。
  • 「マイクロチップ装着促進事業」
    岩手県内で飼育されている犬・ねこの飼い主に対し、マイクロチップを装着した場合 に経費を助成し、動物の愛護・管理・福祉に係る個体識別の意義及び同識別に有効なマイ クロチップの普及啓発を進めています。
    詳しい内容は、本会ホームページのトップページ「更新情報一覧」または「お知らせ」欄をご覧下さい。
  • 「学校飼育動物支援モデル事業」  
    岩手県内の学校で飼育されている動物を介して、児童や生徒により良い体験を与える環 境を整えるため、飼育動物の管理、繁殖、施設や環境などについて、専門的立場から助言・ 指導を行っています。

このページの先頭へ